何故ドイツ?UKではないの?

これからEU-Amazonに参入するならドイツAmazon

EUのAmazonに参入する場合、一般的にはUK-Amazon(イギリスAmazon)をメインとします。
それは言語が英語だからという理由が大きいです。

そもそも日本や中国のAmazonセラーが日本以外のAmazonを考えるときは、まずAmazon.com(US)となります。
何といっても市場規模が桁違いですし、英語なので比較的日本人でも分かりやすいので。
しかしAmazn-USは非常に競争が激しいので、思ったように売れません。売れたとしても価格競争が激しいので、思ったような価格で売りにくいのです。

そこでEUに目を向けると、英語でそのままいけるUK-Amazonがあるので、まずはUKで売ってみよう、ということになります。
現に日本人セラーもUKではかなりたくさんの人がいます。

しかし、イギリスはアメリカと同様にセラー同士の競争が激しく、意外に売れません。
しかも2019年にはBrexitがあり、イギリス市場は今後どうなるか不明瞭です。今のところ大丈夫ですが、万が一Brexitでイギリスから他のEUに売り上げを上げるときに関税がかかったり、配送が遅くなったらどうでしょうか?

ということで、今から参入するのであれば、市場規模もUKより大きい、Brexitの心配もない、競争も激しくないドイツが良い、ということになります。

既にUK-Amazonメインなら

これからEU-Amazonに参入するならドイツAmazonのほうが良いと思うのですが、既にUK-Amazonをメインに販売している場合はどうでしょうか?

2019年の3月にUK-Amazonメインで販売、ドイツAmazonでサブ的に販売しているセラーに衝撃的な事件がありました。
ほぼ一斉に、ドイツAmazonのアカウントが停止になってしまったのです。
2019年のドイツでの法改正により、ドイツAmazonで販売するには、納税証明書の提出が義務付けられました。納税証明書を提出するためには、ドイツVAT登録をしなければなりません。
これに対応出来ないUK-Amzonセラーが一斉にアカウント停止になってしまったのです。

いずれにしても、イギリスは Brexit を控えているので、ドイツAmazonで販売するために、ドイツのVAT登録を行っておいたほうが良いと考えています。

Amazonの EU離脱(Brexit)の影響に関する最新情報

EU-Amazonのセラーセントラルに以下の新着情報が記載されていました。
————————————————
2019年9月12日
Amazonでのビジネスに対する英国のEU離脱(Brexit)の影響に関する最新情報
「合意なき離脱」の場合、英国政府は英国とEU加盟諸国間の商品の移動が制限される可能性があると通告しています。英国のEUからの離脱予定日は2019年10月31日です。
英国政府は、中断がどれくらい長く続く可能性があるかについて説明していませんが、英国からEU諸国へあるいはEU諸国から英国へ配送される商品を出荷できない可能性があります。
これに対処する最善の方法は、常に英国とEUの国境の両側に在庫を確保することです。国境の両側に倉庫がない場合は、発生する可能性のある中断に備えて、 フルフィルメント by Amazon への参加を検討してください。
FBAを利用している出品者の場合、以下の対策を検討してください。
4~8週間の在庫補償期間を維持する
2019年10月17日までに在庫を納品する
英国政府は、「合意なき離脱」の場合に企業を支援するためのパートナーシップパックを作成しました。このパックには、税関、物品税、VAT、規制変更に関するガイダンスが含まれています。「合意なき離脱」が発生した場合、英国政府は、135ポンド以下の商品が最初に英国に到着したときに、英国の輸入関税の支払いを求めることを推奨しています。
詳細については、英国のEU離脱(Brexit)に関するガイダンスを参照してください。
————————————————
現時点では世界中の誰もどうなるかわからない Brexit 。
それはAmazonも同じです。
ただ、私達セラーは、どうなっても良いように準備をしておけば良いということです。